パソコンの動作が異常に遅くなる「PIOモード」

僕のパソコンは6年前のもので、いつ壊れていてもおかしくありません。5年間保証があったので、メーカーに修理を出して、あるときはCPUファンを交換し(1万円くらいするけど無料)、あるときはマザーボードを交換(5万円くらいするけど無料)してきました。ですが、もう6年目に突入し保証が切れてしまったので修理するよりは新しいのを買った方が賢明でしょう。

そして、ハードディスクもかなり寿命が迫ってきていてハードディスク内のどこかに不良セクタが存在しています。そこにデータが書き込まれた瞬間パソコンがフリーズし、ブルースクリーンがでて強制再起動になります。

さて、一昨日僕は、セキュリティソフトのアップデートを行っていたところ、ソフトは不良セクタにデータを書き込もうとしたようで、ブルースクリーンがでて強制再起動になりました。こういうことは過去にも何回かあったのであまり気にしませんでしたが今回は一味違いました。どうやら、不良セクタにWindowsのシステムファイルを書き込んだらしくて、パソコンを起動することができません。
かなり、焦りましたがセーフモードは生きていたのでそこからパソコンを起動し、システムの復元を行ったところ無事に起動できました。

しかし、問題はこれからです。パソコンの動作が異常に遅いのです。音楽を再生すると、音がブチブチ切れるし動画を再生すると、カクカクになります。この場合は、CPUの処理速度が追いついていないことが主な原因なのでCPUの負荷率を見てみると、確かに再生中はCPUの負荷率がすぐに100%になることが確認されました。しかし、今までは、そんなことはなかったのにどうしてだろう。システムの復元を行ったのでシステムの設定が以前のものになっていて、ディスプレイやオーディオのドライバで不具合がでているのだろうと予想し、そのドライバを再インストールしました。しかし、状況は変わりません。今度はデータの断片化を疑って、断片化が激しいファイルを削除しましたがやはり状況がかわりません。

一晩寝て、頭をリフレッシュしてみました。すると、ハードディスクのアクセス音が異常に静かなことに気づきました。そして、ハードディスクの転送モードを調べてみると「PIOモード」になっていました。これが原因でした。

PIOモードとは、コンピュータ内部の各デバイスとメインメモリの間のデータ転送をCPUが管理する転送方式のことをいいます。ハードディスクの場合は、CPUを介さずにデータ転送を行うDMA方式が一般的です。対象のデバイスのエラー(タイムアウト)が6回に達すると、DMAモードから強制的にPIOモードという激遅の転送モードに強制的に変更され、パソコンを再起動しても変更されたままになります。このモードだと、CPUの負荷が異常に高くなり、またハードディスクの転送速度も異常に遅くなってパソコンの動作が非常に遅くなります。壊れそうなハードディスクに負荷をかけないようにWindowsが設定したモードです。

もとに戻す方法は簡単で、デバイスマネージャからHDDのドライバを選択し、現在の転送モードが「PIOモード」になっていることを確認して、そのドライバを削除すればいいのです。すると再起動になって起動すると、自動的にドライバがインストールされて設定が初期化されます。その設定を有効にするためにもう一度再起動するように指示されるので再起動します。これで直ります。

こんなモードがあるとは今まで知りませんでした。

今日はこの辺で~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tsumu2、なをぞー、ディラソ、だだだだだ

Author:tsumu2、なをぞー、ディラソ、だだだだだ
思ったことをダラダラと書いていきます。

お知らせ
アニメ「CLANNAD」のエンディング曲の「だんご大家族」を初音ミクを使って吹き替えてみました。 http://ziyuukimamaniikou.blog53.fc2.com/blog-entry-452.html
初代ポケモンでミュウを入手する方法を画像付きでできるだけ分かりやすく説明しました。 http://ziyuukimamaniikou.blog53.fc2.com/blog-entry-749.html
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
s-211701649.jpg
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード