ニュージーランドの思い出 その30

この日の夜は前から日本食を振舞うことになっていた。作ったのは焼き鳥、ごはん、うどん、白玉ぜんざい。焼き鳥は学校で実習したもの、ごはんはレンジでチン!、うどんはカップではない、白玉ぜんざいは最初から作った。

しかし、これにはとても苦労した。6時30分から夕食の予定で、5時から私と先輩とW君で作ったのだが、それぞれに時間がかかりすぎ。ホストマザーのMrs.Tは爪を研ぎだしとても暇そう。焦ってきたのか先輩が本来茹でるはずのほうれんそうを焼き出したのには驚いたが、そんなこんなで出来上がったのは7時30分になっていた。

ここでW君に聞いた話だが、白玉ぜんざいは香港でも作るらしい…

ここでお待ちかねの夕食タイムだが、やはり目新しいものだと人は食べ方を工夫するらしい。中国のお二人はラーメンの文化があるからかきちんと食べていたのだが、NZの人々はひどかった。うどんとごはん、焼き鳥を混ぜだしたのである。私が察したところでは、うどんの味はとても合わなかったようだ。Mrs.Tは「おなかいっぱいだから、明日まで取っておくわ」なんて言って、パックに汁ごと保存していた。彼ら彼女らはみな一同に作った笑顔で「おいしかった。ありがとう!」と言っていたが、私はまずい食べ物を食べさせたことに対する申し訳なさからか、「食べ方が違いますよ」とも「うどんがのびておいしくなくなりますよ」とも言えなかった。

同時にこの日あたりから、日本から大量に持ち込んだ日本食の処理について考え出した。当初は家族にあげるつもりだったが先輩のほうも大量に食品を持ち込み、それをお土産としていたのだ。

一方で、私はNZの食べ物の味には困っていなかったし、ポテトチップスもチョコレート菓子も大量にスーパーで買っていたため、日本食をわざわざ日本に持って帰ることになる、という事態まで考えたが、結局計画的にW君に渡していくという方針に決めた。というのも、W君は大食漢で香港の人間だから、日本にも憧れているだろうという勝手な妄想によるもの。そして予想通りW君は私が渡していく日本食をとてもおいしそうに食べ、パッケージの写真まで撮っていたのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tsumu2、なをぞー、ディラソ、だだだだだ

Author:tsumu2、なをぞー、ディラソ、だだだだだ
思ったことをダラダラと書いていきます。

お知らせ
アニメ「CLANNAD」のエンディング曲の「だんご大家族」を初音ミクを使って吹き替えてみました。 http://ziyuukimamaniikou.blog53.fc2.com/blog-entry-452.html
初代ポケモンでミュウを入手する方法を画像付きでできるだけ分かりやすく説明しました。 http://ziyuukimamaniikou.blog53.fc2.com/blog-entry-749.html
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
s-211701649.jpg
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード