NZの感想文 byだだだだだ

なをぞーのNZの感想文を読んでみて、「・・・とても俺のとは比べもんにならねえ!!」と思ったので、比べるために僕のも載せておきます。なをぞーと同じくとても長いです。内容は無いようですが。


題名「お庭はゴルフ場。」

 僕が泊まった家の家族はDさん一家で、先輩といっしょに泊まった。予定では別の家に一人で泊めてもらうはずだったのに、いきなり予定と違った。
 僕たちはホストマザーに車で家まで拉致られた。家はそこまで大きくなかった(といっても日本のマンション一部屋よりは大きい)が、庭は・・・なんとゴルフ場だった。NZ恐るべし!
 ホストファミリーはお母さんがLさん(?歳)で仕事はロトルア・ボーイズ・ハイスクールの会計。子供はお兄さんがC(14歳)、弟くんがA(13歳)だった。元夫はオーストラリアにいて、そっちに妹もいて、毎年遊びに行くらしい。
 ホストブラザーズはどっちもスポーツが大好きで、ブラザーズとCの友達とLさんと僕たちと車でいっしょに学校から帰ってくると、ほぼ毎回いっしょにクリケットをした。庭はゴルフ場なのになぜかゴルフはほとんどやらなかった。

 学校でのあんなことやこんなことについては、他の人がいっぱい書いていると思うので、僕は、NZで気をつけてほしいことや豆知識について書きたい。
・食事については困らないはず。みんなおそらく「食えたもんじゃねえ」とか書いていると思うが、ホストマザーの作る料理は どれもおいしかった。お世辞ではなく。ただ、ホテルのバイキングは・・・。
・僕たちは1回だけ手巻き寿司を作ってごちそうした。ごはんを炊く鍋を焦がして怒られたが、寿司はとてもうけた。さとうのご はんを持っていった友達もいたので、それもいいかも。
・NZの人々はスポーツが好きだが、特に人気なのがラグビーとクリケット。テレビでいつも流れている。
・先生に「NZのやつらはおまえらの倍ぐらい身長あるぞ~」とか言われていると思う。確かにデカいやつはホントにデカい。で も、ちっちゃいやつはホントにちっちゃい。キミらの2分の1ぐらい。
・みなさんはNZへは3月の終わりに行くはずである。そのころ、NZは夏の終わりである。昼間は20度を超える。だが、朝は5度ぐ らいまで冷え込むこともある。がんばれ。

 突然だが・・・NZでの僕の一番の思い出は、ダンスパーティーだッ!
 ダンスパーティーの日の夕方、ホストマザーのお母さんの誕生日だということで、そのおばあさんの家へ行ってNZ伝統の(と言いつつもファーストフードである)料理「フィッシュ&チップス」を食べ、その後ダンスパーティーへ連れていってもらえるということになった。
 20分ほど車で移動し、家に到着。「フィッシュ&チップス」を食べたあと、家を案内してもらった。
 ・・・広い!庭はこれまたなんと結婚式場になっていて、さまざまな花や木が植えられていた。家庭菜園もやっていた。そしてなぜかロバを4匹飼っていた。家の中は普通にリビングなども広いのだが、結婚式を挙げたカップルを泊めるために、ベッドルームが4つもあった。
 すごいなあ、と思っていたら、もうダンスパーティーの始まる7時30分になったのだが、ホストマザーは家の中の家具の写真を撮り始めた。おじいさんはもう亡くなってしまい、おばあさん一人で大きな家に住むのは大変なので、この家は売って、小さな家に引っ越すらしい。大変なんだなあ、じゃなくてパーティーは?と思いつつも、とても楽しそうに写真を撮っているのでしばらく待機。
 ようやく撮り終わったのは8時を過ぎてからで、また20分かけてパーティー会場のロトルア「ガールズ!」ハイスクールへ。ホストマザーはパーティーが終わる10時30分に迎えにくると言って帰った。さあ、いよいよだと入口にいる人に話しかける。
「Can we enter the party?」
「No.」
「・・・Why?」
「Too late.」
「・・・・・・。」
 そりゃあ、なにも言えないって。入口のおっさん怖いし。結局、先輩と「バカみたいだ、あはは」とか言いながらホストファミリーの家まで歩いて帰った。
 そしたら・・・なんと家に誰もいない。もちろんドアには鍵がかかっていて、僕たちは家に入れない。僕たちは待った。NZの、夏なのに寒い夜の、とてもきれいな星空の下、待った。「ああ、何のためにNZに来たんだろう・・・」とか言いながらも待った。
 ホストの家族のみんなが帰ってきたのは10時ぐらいで、1時間ほど嘆いていたことになる。ホストマザーは事情を聞くとすぐに「急いでパーティーに連れていってあげる」と言った。僕は、もうなんにもやりたくねえという感じの先輩をなんとか車に乗せ会場へ向かった。車の中でホストマザーは会場に電話をし、今からパーティーに入ることができるかと聞いた。すぐにOKをもらえた。なんて簡単なんだろう。
 会場に入った。ダンスパーティーという高貴なものとは全然違い、ディスコだった。あふれんばかりの人々の熱気、頭がクラクラするほどのカラフルな光の点滅、フルボリュームの音。おそらく誰もディスコなど行ったことがないという芝の生徒たちには、とても刺激的だった。あのシャイな日本人たちが、頭も腕も脚もなにもかも振り乱して踊っていた。僕も5分で壊れた。
 あの30分間はNZにいた間で一番楽しかった。奈落の底まで落ちていた先輩のテンションがMAXになったほどだ。
 ダンスパーティーには遅れるな!!これが、一番注意してほしいことである。


・・・あなたは信じられますか?これがなをぞーと同じ学年の人の文章ですよ?
まあ、これを読むのは次にNZへ行く人だけだから・・・と思って、てけと~に書いた文章ですけどね(言い訳)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

そんなに褒められると困っちゃうな~。とりあえず君のほうが模試の国語は↑↑だからな~。

No title

俺が良かったのは古文だす。現国はいつも勘なのね

とりあえず、3つの感想文を読んで一人だけ小学生が混じっているのは明らかです
プロフィール

tsumu2、なをぞー、ディラソ、だだだだだ

Author:tsumu2、なをぞー、ディラソ、だだだだだ
思ったことをダラダラと書いていきます。

お知らせ
アニメ「CLANNAD」のエンディング曲の「だんご大家族」を初音ミクを使って吹き替えてみました。 http://ziyuukimamaniikou.blog53.fc2.com/blog-entry-452.html
初代ポケモンでミュウを入手する方法を画像付きでできるだけ分かりやすく説明しました。 http://ziyuukimamaniikou.blog53.fc2.com/blog-entry-749.html
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
s-211701649.jpg
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード